1/4

小さなお寺。發軫院について

發軫院 住職

小さなお寺、会費のいらないお寺、心によりそうお寺

「發軫院」ほっしんいん。

 

《住職》

俗名:佐々木隆教(ささき りゅうきょう)

戒名:妙智院日浄(みょうちいん にちじょう)

と申します。

当山では、

生きている方、お姿が亡くなられた方、またすべての方が、喜ぶご供養、ご祈祷、ご法要を行うことを信念に、日蓮宗の寺院として、開山させていただきました。

本尊は「日蓮宗の大曼荼羅ご本尊」の諸天様に、日々皆様のご祈願、ご供養をさせていただいております。

人は、生を受けると、必ず死を迎えます。

「死」は、どのような人に対しても平等で、すべての人は等しく供養を受けることができるはずです。

しかしながら、諸般の事情などで供養を受けることのできない方々が多いのも事実です。

供養とは思いやりだとおもいます。

儀式をする、しない、ではありません。

生きている方が、亡き人を想う真心そのものです。

亡き人は、姿はありませんがそこにいらっしゃいます。

真心は、目には見えませんが感じることができ、

そして、届けることができます。

生きている人どうしでも、

​真心が通じ合えた時は、喜びを得られます。

当山では、

その真心のお届けの助けになれたら・・・

亡き人を想う供養の一助になれたらとおもい、「僧侶派遣」というかたちで、一人でも多くの方々が供養を受けられるよう、

法務をさせていただいております。

どうかご遠慮なく、ご相談、お電話いただければとおもいます。